クッキング&ストーリー

料理の先生による小麦粉料理
  今回は中山篤先生です。
   「ほうとう鍋」と「鶏饅頭」です。
 
 ■ ほうとう鍋




 
材料

 生うどん
 豚バラ肉薄切り
 かぼちゃ
 長ねぎ
 椎茸
 大根
 人参
 白菜
 油揚げ
 出汁
 味噌(塩分控えめのもの)
 酒
 ごま油
 七味唐辛子

6人前
150g
150g
1本
4枚
200g
60g
2枚
1枚
7カップ
60g〜
1/2カップ
好みで
適宜

 

【 作り方 】
 生うどんはできるだけ、塩を減らして打ったものを用意します。
 豚肉は一口大に切り、長ねぎは斜め切り、椎茸は半分に切ります。白菜は葉と芯にわけ、芯は削ぎ切り、葉は大きめに切ります。
 人参は小さ目の乱切り、かぼちゃ、大根は薄切り、下茹でをしておきます。
 油揚げは油抜きをし、三角に切ります。
 鍋に煮こみ汁を作り、沸き加減になれば火の通りにくい物から入れ、うどんの順に鍋に入れます。
 最後に葉物、長ねぎを加えます。

【ポイント】
市販のうどんを使用する場合は、1度茹でてから、鍋に入れてください。
味噌は色々な種類があるので、味をみながら量は加減してください。

 ■ 鶏饅頭




 
材料

 鶏ひき肉
 木綿豆腐
 卵白
 山芋(すりおろしたもの)
 小麦粉(薄力粉)
 ┌白だし
 │水
 │砂糖
 └水溶き片栗粉
 三つ葉
 露生姜

200g
2丁
2個分
40g
大サジ2杯位
小サジ 1杯
1.5カップ
少々
適宜
適宜
適宜

 

【 作り方 】
 小鍋に鶏ひき肉を入れ、酒、醤油、砂糖各大サジ2杯を合わせ、炒るようにして火を通します。
 豆腐は水切りをし、当り鉢にとり、卵白と山芋を加えよくあたります。小麦粉を加え程よい硬さにします。
 等分に分け、1人前ずつラップに広げます。その上にひき肉をのせ包み、茶巾絞りにし、湯に入れ火を通します。
 鍋に水と白だしを加え火にかけ、砂糖を少し加え沸き加減になれば水溶き片栗粉でとろみを付けます。
 椀に饅頭を盛り、餡をかけ、露生姜を落とします。
 三つ葉の茎を茹で、彩りとして添えます。

【ポイント】
豆腐の水分によって、小麦粉の量が変わります。
饅頭を茹でるとき、湯が沸騰していると豆腐にすが入ってしまうので、火加減に気を付けてください。


*今までに、掲載したものは「メニューリスト」の「バックナンバー」の項目に入っていますので、ご覧ください。