クッキング&ストーリー

料理の先生による小麦粉料理
  今回は辰巳雛子先生です。
   「猫の耳ふう麺炒め」と「小松菜入り焼き餃子」です。
 炒猫耳朶麺 チャオマオアルドゥミェン (猫の耳ふう麺炒め)



 
材料 (およそ6人分)
┌ 強力粉
│薄力粉
│ 塩
└ 水
牛肉(薄切り)
剥き小海老

ピ−マン
長葱

 ┌酒
 │塩
a│胡椒
 │卵白
 └ 片栗粉
 ┌ スープ
 │酒
b│砂糖
 │塩
 │醤油
 └ 胡椒

100g
100g
小サジ1/3杯
100ml
100g
100g
50g
1個
1/3本
2個
大サジ 1杯
小サジ1/4杯
少々
1/3個分
小サジ1 1/2杯
大サジ4杯
大サジ1杯
小サジ2/3杯
小サジ1/3杯
大サジ1 1/3杯
少々
適宜

 

【 作り方 】
 小麦粉と塩をボールに入れ、ざっくり混ぜ、水の加減をしながら練り、30分程休ませます。2mm厚さにのばし、1.5cm角に切ります。1枚の角を親指で引っ張ると猫耳麺ができます。たっぷりの熱湯で茹でます。
  牛肉は1cm角に切り、海老は下処理をしてaで下味をつけます。
 筍、ピ−マンは8mm角に切り、長葱も同じ形に切ります。
 卵は割りほぐし、塩、砂糖で味を付け煎り卵を作ります。
  鍋を熱し、油を入れ牛肉、海老の順に炒め、取り出します。次に野菜を炒め、猫耳麺を入れ、bで味を付け、ひと炒めして牛肉、海老、卵の順に入れて炒め、器に盛ります。
 
【ポイント】
猫耳麺は猫の耳のような形になるのが特徴です。
炒める時は手早く、調味料は合わせておきましょう。

【 栄養価(およそ1人当たり)】

エネルギー 262kcal
たんぱく質 12.5g
脂質 9.3g
炭水化物 28.6g
食塩相当量 1.6g

 青菜餃子 チンツアイジャオズ (小松菜入り焼き餃子)



 
材料 (およそ6人分)

 小松菜
 干し椎茸
 中国春雨
 長葱
 卵
 餃子の皮
 ┌酒
a│醤油
 │塩、胡椒
 └ ごま油
 油
b┌小麦粉(薄力粉)
 └水
 つけだれ
  酢         
  醤油        
  ラー油

300g
小2枚
20g
1/4本
1個
1袋
小サジ2杯
小サジ2杯
少々
小サジ2杯
大サジ2杯
100ml
大サジ2杯

大サジ3杯
大サジ1杯
少々

 

【 作り方 】

 小松菜は粗みじんに切り、塩小サジ2/3杯を振り入れ、しんなりするまでおきます。
  干し椎茸は戻し、粗みじんに切ります。
  春雨は戻して7〜8mm長さに切ります。
  卵は割りほぐし、煎り卵を作り冷ましておきます。
  ボールに水気を切った小松菜、椎茸、春雨を入れ、aの調味料で味を付け、最後に卵を加えて混ぜ、餡を作り餃子の皮で包みます。
  鍋を熱して油を入れ、餃子を並べ焼きます。焼き色が付いたらbを入れ蓋をし、水気が乾くまで焼き、最後にごま油を周りから少々注ぎ、お皿に盛ります。

【ポイント】
餡を包む時、合わせ目をしっかり閉じ、口が開かないように気をつけましょう。


【 栄養価(およそ1人当たり)】

エネルギー 158kcal
たんぱく質 3.7g
脂質 8.3g
炭水化物 16.5g
食塩相当量 0.7g

*今までに、掲載したものは「メニューリスト」の「バックナンバー」の項目に入っていますので、ご覧ください。