小麦・小麦粉に係る基礎知識

小麦粉の上手な使い方


選び方
 小麦粉を買う時は、その使い方にあわせて種類を選びましょう。 パンやピザ、餃子や中華麺など、歯ざわりの大切なお料理には、水でこねると弾力が出る強力粉を選びましょう。うどんやゆでめんに独特の歯ごたえを出したいときは、中力粉に少し多めの水を加えて、よくこねてみましょう。軟らかくふっくらした焼き上がりのケーキなどには、薄力粉が最適です。また、小麦粉はお料理をする時に必要な量だけ買うのが上手な買い方です。

使い方
 小麦粉は良くふるってから使いましょう。ダマにならないように優しくふるって、偏りが出来ないようにするのがコツです。お菓子などを作る時、ベーキングパウダーと混ぜるなら、粉と一緒にベーキングパウダーをふるうと均一に混ざります。小麦粉はお料理をする時、その料理に必要な量だけ袋から取り出して使いましょう。そして天ぷらやフライといったお料理に一度使った後の粉は、肉や魚の切れ端が袋に入ってしまったり、水気を吸ってカビの原因になることもありますので、元に戻さないのが基本です。
 なお、小麦粉は生の状態だと消化されにくいため、加熱調理してから食べましょう。

保存とご注意  
 小麦粉はにおいの強いものが嫌いです。例えば、キッチンにある洗剤や、あなたの手についた 化粧品のにおいなどは、小麦粉には大敵です。風味が損なわれないよう、においの強いものとは別に保存しましょう。 湿気にも敏感です。 小麦粉は涼しく乾燥したところが大好きです。湿気のあるところでは、虫やカビが発生したり、味そのものが変わってしまいます。 開封した小麦粉は、使わない時にはしっかり封をして、虫や湿気から守ってあげましょう。缶やビンといった密閉容器に移し替えて保存すれば、さらに安心です。
 揚げ菓子などを作る時は、次のことを必ず守ってください。
ドーナッツやアメリカンドックなど水でこねた生地を使う場合は、小麦粉100グラムに対してベーキングパウダーを3グラム以上と砂糖を10グラム以上の両方を必ず混ぜて入れてください。スペイン風の揚げ菓子のような熱湯でこねた生地を使う場合は、必ず星型の口金で絞り出して表面を荒くしてください。そうしないと、生地が破裂して油が飛び散り、思わぬやけどなどの原因となってしまいます。上手に使って、美味しいお料理を作りましょう。



こんな虫がつかないよう注意しよう


どんなところで虫がつくのでしょうか

 穀粉などによくつく虫は私たちの生活圏のどこにでもいるといっても過言ではありません。家庭内では、台所の棚、流しの下の収納庫、押し入れの奥、畳の裏、本箱などによくいます。

虫の侵入から守るには
 小麦粉を保存する場所は、風通しの良い涼しい乾燥した場所を選んでください。缶・瓶・ビニール袋など密封できる容器に移しかえるのも上手な保存方法です。

その虫は害があるのですか
 これらの虫は、病原菌や毒素といったものはありませんので、万一虫が混入しているのに気付かず誤って食べても、人体に特に害はありません。ご心配の場合はお医者さんにご相談ください。

食品表示に係わる問い合わせ窓口

根拠法令 項目 問い合わせ窓口
JAS法 ○品質表示基準
 ・生鮮食品、水産物、
  加工食品、遺伝子組換え
 (食衛法にも同様の規定)

 ・玄米及び精米
・消費者庁 食品表示企画課
・地方農政局

(下表参照)
○有機食品表示
○遺伝子組換食品表示
(JAS法にも同様の規定)
食品衛生法

○アレルギー食品表示

・保健所(各都道府県)


【消費者庁 食品表示企画課】

名称 所在地電話番号及びFAX番号 管轄区域(都道府県)
消費者庁
 食品表示企画課
〒100-8958 
 東京都千代田区霞が関3−1−1
             中央合同庁舎第4号館
tel:03-3507-8800(代)
消費者ホットライン188 (電話番号3桁を押してください)
      全国


【農林水産省 地方農政局】

名称 所在地電話番号及びFAX番号 管轄区域(都道府県)
北海道農政事務所 〒064-8518 札幌市中央区南22条西6丁目2-22
        
tel:011-330-8800(代)  fax:011-520-3052
東北農政局 〒980-0014 仙台市青葉区本町3-3-1
        (仙台合同庁舎)
tel:022-263-1111(代)  fax:022-217-2382
青森、岩手、宮城、秋田、山形
福島
 関東農政局 〒330-9722 さいたま市中央区新都心2-1
        (さいたま新都心合同庁舎第2号館)
tel:048-600-0600(代)  fax:048-600-0602
茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉東京、神奈川、山梨、長野、静岡
北陸農政局 〒920-8566 金沢市広坂2-2-60 
        (金沢広坂合同庁舎)
tel:076-263-2161(代)  fax:076-232-4218
新潟、富山、石川、福井
東海農政局 〒460-8516 名古屋市中区三の丸1-2-2
        
tel:052-201-7271(代)  fax:052-219-2673
岐阜、愛知、三重
近畿農政局 〒602-8054 京都市上京区西洞院通下長者町
   下ル丁子風呂町 (京都農林水産総合庁舎)
tel:075-451-9161(代)  fax:075-414-9060
滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良
和歌山
中国四国農政局 〒700-8532 岡山市北区下石井1-4-1 
        (岡山第2合同庁舎)
tel:086-224-4511(代)  fax:086-235-8115
鳥取、島根、岡山、広島、山口
徳島、香川、愛媛、高知
九州農政局 〒860-8527 熊本市西区春日2-10-1 
        (熊本地方合同庁舎)
tel:096-211-9111(代)  fax:096-211-8707
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分
宮崎、鹿児島
沖縄総合事務局
   農林水産部
〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1-1
        (那覇第2地方合同庁舎2号館)
tel:098-866-0031(代)
消費・安全課:098-866-1672
沖縄