子供たちの小麦・小麦粉コーナー

高校生等の活動報告

 平成15年度・第41回:高校生による食生活改善研究活動「I & You食生活」報告

―包丁の先から健康と食の文化をうみ育てよう―

 この催しは、高校生による研究活動を行うものです。
 (社)栄養改善普及会が主催し、文部科学省・農林水産省・全国家庭科教育協会の後援により、毎年度行われている事業です。この事業(研究課題数:小麦粉等の6つ、1研究課題1校)の実施方法は全国へ参加希望校を呼びかけ、各都道府県の教育委員会の推薦を頂き、最終的に1校の研究推進校を決定し、この学校に研究活動を行っていただき、後日、東京で研究成果を発表していただくものです。
 

「小麦粉パワーで、茶文化地域興し」の研究活動で、「静岡県立小笠高等学校(静岡県小笠郡菊川町)」は、栄えある「(社)栄養改善普及会会長賞」を受賞!!



 研究活動として小麦粉を選んだことについては、「本校の所在地はお茶で有名な牧の原台地に面し、お茶の大生産地でもあることから、お茶と小麦粉を上手に活用した料理についての研究を行い、これらの料理が普及されればうれしいです」としていました。
 このため、栄養士さんとの勉強会、製粉工場見学、製パン工場見学、製菓工場見学などの活動を行なうとともに、地元の七重会との料理研究、試食会の実施などしています。
 なお、小麦粉と茶葉を使った健康レシピとしては、


茶葉入り饅頭

抹茶入りクレープ

茶葉・抹茶入りチーズ蒸しパン


茶葉入りグリーンパスタ

抹茶オムレット

 抹茶入りどら焼き、茶葉入りグリーンピザ、抹茶入りサモサ、茶葉・抹茶入りクリームチーズマフィンです。
 また、同校はこの他に、
○ 東海地震を想定した避難訓練で、「防災非常食チャパティーの作り方とその普及」
  についての研究発表
○ 小麦粉についてのアンケート調査
○ 食生活診断調査
などの活動をしています。


*今までに、掲載したものは「メニューリスト」の「バックナンバー」の項目に入っていますので、ご覧ください。