子供たちの小麦粉・小麦粉コーナー

小中学校新聞(体験学習編等)

 この2月28日はなんの日か知っています?じつは「ビスケットの日」なのです。なぜでしょう?疑問にお答えしながら、ビスケットに関する豆知識をおとどけいたしましょう。

 ビスケット豆知識 〜2月28日はビスケットの日〜          毎日中学生新聞掲載

オランダ人から製法を学ぶ
 日本ではじめてビスケットに注目してその製法を知ろうとしたのは水戸藩の人でした。
長崎で医学の勉強中だった水戸藩の医師、柴田方庵(ほうあん)が、「オランダ人に教 えてもらったビスケットの作り方は・・・」と手紙に書いて藩に送っています。 その手紙の日付が、安政2年(1855年)2月28日でした。「ビスケットの日」は、この史実をもとに全国ビスケット協会が制定したのです。また、ビスケットの語源はラテン語で「2度焼いたパン」の意味。ですから「2」が2 つもある同日は、ビスケットにふさわしいと言えます。

長い航海にもおとも
 パンを2度焼いた、ということは、保存食だったということですね。日本でいえば焼きおニギリといったところでしょうか。パンをそのまま旅に持って出るのは都合がわるい。そこで、パンをかわかして、もう1度焼いて、旅に持って出たのです。
ビスケットはギリシャからヨーロッパに広まり、コロンブスやマゼランの長い航海にもおともした、という記録があります。 ヨーロッパでは16世紀ごろからビスケットが本格的に作られ、イギリスやフランスの女王様たちにも愛されました。
この高級保存食を日本に持ってきたのは、ポルトガル人でした。1543年、種子島(たねがしま)に鉄砲やカステラとともにやってきたのでした。

 

おもな原料は小麦粉
 いまでは日本でも、子どもからお年寄りまで、ビスケットは人気ものです。主原料は小麦粉ですから、小麦の栄養がふくまれていているのはもちろんですが、ビスケットには、ほかの小麦粉食品にはない特長があります。

胃にやさしく夜食に最高
 まずカロリーの面で大変すぐれています。成長ざかりで、勉強にスポーツにエネルギーをいっぱい使う、みなさんにぴったりの食品です。
そのうえ、現代人に不足しがちなカルシウム、ビタミンA、B1、B2をふくみバランスもとれています。
パンと同じように、ビスケットは味があっさりしていますから、ほかの食品との相性もいいため、いろいろな食品をおいしく食べさせてくれます。 手軽で栄養的にもすぐれているビスケットは、胃を疲れさせないから夜食にも良いですし、アウトドアのおともにも最適。2月28日だけでなく、いつでも、思い出してほしい理想食品というわけです。

*今までに、掲載したものは「メニューリスト」のバックナンバーの項目に入っていますので、ご覧ください。