小麦粉の歴史

製粉技術の移り変わり

 製粉技術の移り変わり

▼一万年以上前から
   小麦は、人間が最初に食料として育てた作物だと考えられています。その理由は、世界中にある大昔の遺跡などから麦の穂や粒などが発見されているからです。今から一万年以上も前から、私たち人間は小麦を食べていたのです。

石でたたいて、つぶして、挽いて
   美味しいものを食べたいという気持ちは、大昔に生きた人たちも、現代に生きる私たちも変わることはありません。美味しく食べるためには、色々な工夫が必要です。 大昔の人は、小麦を平らな石の上にのせて、石でコツコツ叩いたり、潰したり、すって 粉にする工夫をしました。その時使った道具は、世界中にある大昔の遺跡から発見されています。こうして粉にした小麦に、水を加えてよく練り、火の中に入れて熱く熱した石の上にそれをのせて、良く焼いて食べていました。やがてさらに工夫を重ねて、石で出来たうすを回転させ小麦をすり、粉にする方法が考え出されました。その後、四千年という長い間、この方法で小麦を粉にして食料とする方法が続きました。

自然の力で
   時代が進みローマ時代になると、大昔に比べて人々が小麦を食べる量もどんどん増えていきました。そこで、小麦を粉にして売ることを専門に職業とする人たちが現れま した。彼らは、奴隷や家畜を使って普通よりも大きな石のうすで粉をひき、出来た粉をみんなに売ったのです。 その後、ギリシャの人々によって、水車を使った粉ひきの工夫がされました。 ローマの人々もこの水車による粉ひきをはじめ、イギリスやオランダでは同じ原理から風車を使った粉ひきが行われるようになりました。

ワットの発明が全てを変える
   17世紀に入ると、フランスの人たちが一度ひいた粉をふるいにかけて、粗い部分を分け、もう一度ひき直してまたふるいにかけるという段階方式で、より美味 しい小麦の粉を作る工夫をしました。
 18世紀の中盤には、蒸気を使った大きな機械による製粉工場が建てられて、より大量に、より美味しい小麦の粉が作られました。 現代ではそれらの機械がさらに発展した、「ローラーミル」という製粉機械が発明されて、毎日たくさんの小麦粉が作られています。

●むかし、むかし、、
 

 私たちの住む日本では、今からおよそ二千年ほど昔の弥生時代に、小麦を食料として育てるようになりました。育てられた小麦は7世紀ごろ中国から伝えられたうどん、そうめん、きしめんなど の麺類を作る材料として重宝され、室町時代にはお坊さんの点心(今で言うおやつ)として主に食べられていました。鎌倉時代には、今のお饅頭にあたる食べ物も誕生して、現代の日本では私たちの好みに合う工夫をされた食べ物として、食卓をにぎわせています。


キリスト教とともに
   他にも、ポルトガルの宣教師と一緒にやってきたカステラ、ボーロ、ビスケットといったお菓子やパンは、当時、幕府の禁止令にもかかわらずこっそりと人々の間で作られつづけ、今川焼きやたいやきなどと一緒に、私たちの大好きな食べ物として受け継がれています。