小麦・小麦粉に係る話題

小麦粉のある風景

小麦粉おつまみレシピ
                       ひらの あさか
小麦粉をまぶして使う

「ぶりのてり焼き」
 洗って水気をよくきったぶりに、小麦粉を薄くまぶしてから、フライパンにごま油を引いてぶりの両面を焼く。みりん、しょうゆを合わせてかけて、煮絡める。焦がさない手前で引き上げる。小麦粉は、ぶりのうま味をのがさずに、しかもてりよく仕上げるのに欠かせません。

「かきの山芋焼き」
 かきはふり洗いしてから、水気をよくきり、大きさにより食べやすいように3等分にして、軽くしょうゆにくぐらせ、薄く小麦粉をまぶしておく。ねぎの青い部分、または青ねぎは薄い小口切りにする。山芋はすって、だし汁、酒、しょうゆ、卵、小麦粉少々を加えてよくかき混ぜて、ねぎとかきを加えて、温めたフライパンにごま油を引いた中にちょうどお好みやきのように流し込む。両面を焦がさないように焼くのが難しいですが、あらかじめ加えた調味料、かきのうま味が小麦粉に閉じこめられていておいしい。

「しし唐のきんぴら風」

 しし唐はヘタを取り、縦に筋目を入れる。耐熱容器にしし唐を入れ、小麦粉にごま油、しょうゆ、みりんをまぶして、電子レンジで加熱して、よくかき混ぜて、かつお節をかけて絡ませる。


香ばしいパン粉の使い方

「たこのパン粉炒め」

 ボイルたこの足はぶつ切りにして、酒をまぶして絡める。フライパンにオリーブオイルを熱して、たこの汁気を取ってから強火で炒めて、にんにくのすりおろし、パン粉、青のり、塩とこしょうを合わせておいたものを加えて、さらに炒める。器に移して、好みでレモンを絞る。

「豚ロースのパン粉焼き」
 
豚ロース肉は筋切りをして、塩とこしょうをふり、めん棒などで肉をたたく。小麦粉を薄くまぶして、溶き卵、粉チーズとパン粉、パセリのみじん切りを合わせたものをつけて、オーブントースターにアルミホイルを引いて、オリーブオイルを薄くぬって豚ロースをのせて両面をきつね色になるまで焼いて、食べやすい大きさに切る。

「づけまぐろのパン粉焼き」
 
刺し身用のまぐろは、酒としょうゆに漬け、汁気をきる。卵の代わりにまぐろに豆乳と小麦粉を合わせたころもを絡めて、パン粉ににんにくすりおろし、パクチーの葉部分をみじん切りと合わせて、まぐろに絡ませて、オーブントースターにアルミホイルを引いて、オリーブオイルをふって焼く。

「ザクザクコロッケ風」
 
じゃがいもはゆでるか、レンジで加熱して熱いうちに皮をむいて、ボウルに入れてマッシャ―などでつぶす。フライパンに玉ねぎのみじん切り、牛豚合いびき肉をオリーブオイルで炒めて、しょうゆ、こしょうを加えて火から下ろして、じゃがいもと合わせる。フライパンにオリーブオイルを入れて、パン粉、パセリのみじん切りを炒め、塩、こしょうをふる。洗って細切りにしたレタスを皿に敷き、上に調味したじゃがいも、パン粉をのせる。好みで中濃ソース、マヨネーズなどをかけて食べる。


小麦粉をつけて揚げ物に

「鶏もも肉の南蛮風」
 鶏もも肉は4㎝角くらいに切って、しょうゆ、酒、にんにくすりおろしで下味をつけておく。タルタルソースをつくる。玉ねぎ、ゆで卵のみじん切り、マヨネーズ、練り辛子、粗びき黒こしょう少々、豆乳、レモンの絞り汁を合わせる。
フライパンに油を中火(170℃)で熱して汁気をきった鶏肉に小麦粉をまぶして揚げ、上下を時々返しながら、こんがりと仕上げる。器に移してからタルタルソースをかける。

 
 
びしょねれのパン

イタリアトスカーナ地方のサラダ「パンツァネッラ」の和風版サラダ。
 
かたくなったフランスパンは切って、豆乳または、水に浸してふやかす。トマト、きゅうり、セロリ、紫玉ねぎなどは食べやすい大きさに切って、ツナ缶の油をきって加え、ぽんず、オリーブオイルで和える。ふやかしたパンは汁気を絞ってちぎって具材と合わせて、冷蔵庫でよく冷やしてから食べる。

スペインの冷製スープ
「ガスパチョ」
 残ったパンを使ってつくるとろっとした朝ごはんにもおいしい、おなかにもたまるスープです。きゅうり、トマト、玉ねぎ、ピーマンは賽の目に切って、切ったフランスパンを水に浸して、ワインビネガー、塩と合わせてミキサーにかけて、オリーブオイル、トマトジュースを加え、さらに混ぜ合わ、冷蔵庫で冷やす。好みでレモンを絞って、クルトンなどをちらす。


ワンタン、ギョウザの皮でつくる

「チーズ揚げ」
 
プロセスチーズは棒状に切る。ワンタンの皮に皮より小さく切ったのりとプロセスチーズをのせ、くるっと巻いて、端を水で止めて、揚げ油でからっと色が変わるまで揚げる。

「青じそ明太ロール」

 残ったギョウザの皮でつくるおつまみ。明太子は皮から外し、バターと合わせる。ギョウザの皮の上に青じそをのせて明太子バターをのせてくるくる包んで水をつけてとめる。オーブントースターを温めて明太ロールを上下をコロコロまわして、焦がさないように焼く。

  (食文家)


*今までに、掲載したものは「メニューリスト」の「バックナンバー」の項目に入っていますので、ご覧ください。