小麦・小麦粉に係る話題

小麦粉・地域の食文化料理

*今までに、掲載したものは「メニューリスト」の「バックナンバー」の項目に入っていますので、ご覧ください。
 ○ しっぽくうどん
 しっぽくうどんは、吹く風が冷たくなりはじめる、秋口から冬にかけてのうどんの食べ方で、讃岐の冬の代表的な郷土料理です。
 数種類の季節の野菜を、汁とともに煮込む方法で、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたものです。年末には年越しそばの代わりに食べる家庭もあります。

材料(4人分)

 うどん
 油揚げ
 大根
 ねぎ
 人参
 醤油(淡口)
 豆腐
 だし汁(煮干し)
(好みでこんぶ、かつお節等でとってもよい)

4玉
1枚半
300g
5本
150g
60cc
1/2丁
5カップ


(写真は「香川県農政水産部農業経営課」提供)


作り方
(1) 大根、人参は短冊切りにする。油揚げは油抜きをして短冊切りにする。
(2)

ねぎは3〜4cmの長さに切り、豆腐は7mm厚さ位の角切り(2cm角位)にする。

(3)

煮だし汁を煮立て、大根、人参、油揚げを入れ、少し煮てから豆腐を加え、次に醤油を入れ、味を含ませる。最後にねぎを入れて火を止める。

(4) うどん玉を温めて器に入れ、(3)をかける。
(5) 春菊など、青味のものを散らしてもよい。

伝承一口メモ
里芋を入れたりして、具を工夫するとよい。
最近は、こくを出すために、鶏肉や豚肉を入れることもある。




 ○ 打ち込み汁(うどん)
 農村の日常食として、どこの家でも、季節の野菜をふんだんに使い、よく作られていました。麺が太かったり細かったりするのも、手作りの楽しさのうち。
 打ち込みの場合は、小麦粉に塩を入れずに練ります。野良仕事から一足先に帰った主婦が、手早く作る汁物のひとつです。打ち板も出さず、まな板の上で切ったものです。

材料(5人分)

小麦粉(中力粉)
里芋

油揚げ
大根
ねぎ
人参
中味噌
ごぼう
だし汁(煮干し)

300g
150g
160cc
1枚
300g
少々
100g
100g
100g
7カップ


(写真は「香川県農政水産部農業経営課」提供)


作り方
(1) ボールに粉と水を入れてよく練り、2〜3時間寝かす。
(2)

打ち粉をふり(1)をめん棒で5mm位にのばす。たっぷりの打ち粉をしてびょうぶたたみにして、5mm幅に切り、ほぐしておく。

(3)

鍋にだし汁を入れ、大根、人参、里芋、ごぼう、油揚げを入れて煮る。沸いたらうどんを入れ、7〜8分煮て味噌で味を整える。

(4) ねぎを入れると出来上がり。
※鶏肉、豚肉、生しいたけなどを入れてもよい。

伝承一口メモ
 店頭で生うどんも多く出回り、手軽に手打うどんが食べられるようになっているが、最近では、本物志向が高まり手打うどん用の粉も販売され、「手打ち」を楽しむ家庭も増えている。汁の具も地域や家庭により様々で、醤油味のところもある。寒い季節に熱々の打ち込み汁は最高のご馳走である。

(香川県製粉製麺協同組合)